独島
慶尚南道
慶州
安東
歴史の都市 2009-11-19

慶州は新羅の首都で、生きた歴史の都市です。屋根のない博物館とも呼ばれています。都市全体にわたって文化遺跡がたくさんあり、何ヶ所かはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

 

1500年頃に建てられた仏国寺は慶州の代表的な遺跡地であるというだけでなく、周辺にある石窟庵と共にユネスコ世界文化遺産に登録されている世界的な遺産です。このお寺の美しさと優雅な姿が、世界的に知られていることになります。

 

膽星台は東洋で最も古い天文台で、新羅善徳女王の在位期間(632647)に建てられました。

 

韓国の古い宮殿はほとんどソウルにありますが、お寺は全国に広がっています。多くの外国人訪問客がソウルだけでなく他の地域も訪ねれば、多様な韓国の伝統的建物が見られます。韓国の伝統的建築物を見るのにいい場所です。韓国のお寺のような伝統的建物はほとんど外国人の関心を引くようになりますが、これらが美しく静かな山にあったり、川の側にあったりするためです。

 

韓国のお寺は日本や中国、その他アジア諸国のものとは異なります。お寺は独特な建築要素があるためです。建物の天井や美しい曲線を描く軒、丹青、屋根があります。

仏国寺は韓国で最も有名なお寺の一つです。仏教芸術の花とされ、新羅時代の8世紀に建てられました。ここには多くの伝統的建物が見られます。大雄殿の前には有名な二つの石塔があります。どちらも国宝です。仏国寺の近くの洞窟には、有名でユネスコ世界文化遺産に指定されている石窟庵があります。

 

多宝塔: 多宝塔は宝がたくさんある塔という意味です。大雄殿に向かって右側に立っており、新羅文化の芸術的な美しさを見せています。単純なデザインの釈迦塔とは異なり、たくさんの装飾で飾られています。多宝塔が非常に繊細に彫刻されていることから、新羅の石工は石を泥のように扱うと言われるほどです。

 

釈迦塔: 釈迦塔はお釈迦様の塔という意味です。この塔は大雄殿に向かって左側に立っています。この三層塔は単純ながらも気品のある形をしています。韓国の最も普遍的な石塔とされています。

 

外国から来た友人サムと慶州について交わした会話を以下にご紹介します。

 

サム: 仏国寺が有名なのはなぜ?韓国にはお寺がたくさんあるって聞いたけど。韓国で一番いいお寺だから?
タイェ: うん、行ってみるだけの価値はあるよ。優れた仏教建築物なんだって。ユネスコはこのお寺を近くの石窟庵と一緒に世界文化遺産に指定した。世界文化遺産に指定された所は行ってみるべきだって言うじゃない。

サム: いつ建てられたの。

タイェ: 慶州に6世紀に建てられた。

サム: 本当?意外だな。10世紀くらいだと思ってたのに。

タイェ: ハズレ。6世紀に建てられて、8世紀に今の形に広げたんだよ。

サム: 慶州についてもっと教えて。

タイェ: 慶州は新羅時代の首都で、約千年の間首都だった。たくさんの新羅遺跡地が都市全体に広がっている。その上、外国人向けの大きなリゾートもあるよ。

サム: 慶州に博物館はあるの?あったら行ってみたいな。

タイェ: 慶州に国立博物館があるよ。博物館は新羅時代の遺物を展示してる。