韓国を訪問する殆どの観光客だけでなく、多くの韓国人が焼き肉を好む。焼き肉は甘いながらも 肉汁が多く、調理時間もそんなに長くないため、韓国料理の中で第一に選り好まれる食べ物である。 人々が焼き肉を食べる時、レタスや胡麻の葉っぱ等の野菜に包んで食べるが、このようにすることによって、焼き肉固有の味を倍加させ、また栄養の面でも漏れなく摂取できるようになる。上のような理由のため、我々がが焼き肉をもてなしを受ける時には、栄養の面で喜びの面でもこれ以上 腹がへらないようになることである。
- 準備するのにかかる時間 : 30分
- 作るのにかかる時間 : 15分
- 容量 : 3人前
牛ひれ肉を薄く切ったもの 600g、砂糖 3大さじ、ごま油 2大さじ、洗ったレタス 300g、 ニンニク 12ケ、 洋松茸 6ケ、 玉ネギ 1/2ケ
※ たれ: 醤油 4大さじ、みじん切りしたネギ 4大さじ、みじん切りしたニンニク 1小さじ、胡麻塩 2大さじ、お酒 2大さじ、コショウ
1. 洋松茸、玉ネギ、ニンニクを薄く切る。
2. 薄く切った牛ひれ肉に、まず砂糖とごま油を入れてよく混ぜ合わせる。
2. 薄く切った牛ひれ肉に、まず砂糖とごま油を入れてよく混ぜ合わせる。
4. 肉をたれに入れて30分間寝かす。
5. フライパンをあらかじめ熱くした後、寝かしておいた肉をフライパン入れる。
6. 準備した野菜をフライパンに入れて充分に焼く。
7. 野菜と一緒にもてなす。
※ 韓国式の食べ方は肉と一緒に焼いた野菜をレタスに包んで食べる。
ソルナル(正月)と呼ばれる韓国の新年の初日に雑煮を食べることは固有の風習である。雑煮一盃を 食べるということは"これからもう一歳を取るようになったぞ!"という意味が込まれている。それで、雑煮をめぐった笑い話もあるが、例えば、年を取らないで生きたいなら正月に雑煮を食べるなという話を耳にすることがある。だが、人々は毎年の正月ごとにおいしい雑煮を食べており、しかも、この頃には即席雑煮製品も出て買って容易に食べることができる。
- 準備及び調理時間 : 20 ~ 30分
- 容量: 3人前
雑煮用の餅 5カップ、 水 7カップ、 千切りした牛肉(牛のい胸部の肉) 100g、ノリ 2枚、タマゴ 2個、 卵薄く切ったネギ 1本、
※ 牛肉の味付け: 醤油 1大さじ、みじん切りしたネギ 1大さじ、みじん切りしたニンニク 1小さじ、胡麻塩 1小さじ、ごま油 1大さじ、コショウ
1. モチを洗って5分間水にふやかす。
2. タマゴを黄身と白身に分離する。各々掻き回す。
3. 用意したタマゴをフライパンで弱い火で0.5㎝ * 3㎝の大きさで切る。
4. ノリの粉を作る。
5. 鍋に牛肉と薬味を入れてよく混ぜ合わせる。
6. 肉が良く炒めるて、水を注いで炊く。
7. 水にふやかしておいたモチを沸く肉水に入れて、モチが浮び上がる時まで炊く。
8. ネギを雑煮に入れる。
9. 雑煮をうつわに入れてタマゴの薬味をかねた飾り物とノリの粉を上げる。
キムチはとやかく言うまでもなく韓国の代表的な食べ物である。キムチは体にも良いことが明らかになり、味も忘れれれなくほれてしまう。キムチは各地域ごとに、各家庭によって種類が千差万別である。その中で、包みキムチは有名なキムチで、"ボーサム"とは、何かを風呂敷で包むという 意味を内包しています。だから、包みキムチも白菜の葉っぱで何かを包むということを察することができるでしょう。包みキムチの中身は、栗から肉の薄切りまで自分が好む材料なら何でも多様に 使える。
- 材料の準備時間: 5 時間
- 料理時間: 1時間以上
白菜 3株、塩 1カップ
※ 白菜の中身: ダイコン 1本、せり 1株、カラシナ 1株、梨 1ケ、海老 500g、ショウガ 100g、 ニンニク 18ケ、粉トウガラシ 1カップ、千切りした唐辛子 1/2 カップ、海老の塩辛 1カップ、 ネギ 1本、椎茸 6枚、松の実 1/2カップ、栗 10ケ
1. 白菜を二等分して塩に4時間程度塩漬けして、40分ごとに白菜をひっくり返す。
2. 梨とダイコンは皮を剥いて薄く千切り
する。 3. 栗、ショウガ、ニンニクは皮を剥いて薄く千切りする。
4. せり、カラシナ、ネギは洗って3cm長さで切る。
5. 椎茸を洗って千切りする。
6. 海老は頭、尻尾、皮を除去する。
7. 海老の背中側の内臓を除去し、半分に切って塩水に素早く洗って水気を抜く。
1. 白菜をきれいに洗って水気を抜く。
2. 白菜の外側の葉は離しておく。(後ほどボーサムする時に必要。)
3. 白菜の中身の材料(梨、ダイコン、せり、カラシナ、ネギ、粉トウガラシ、ショウガ、ニンニク、 海老、海老の塩辛)を手で良く混ぜ合わせる。
4. 白菜の葉っぱを広い皿もように広げる。
5. 白菜の中身のを一さじ掬って、広げられた白菜の葉っぱに置いて、きのこ、栗、松の実をその上に乗せる。
6. 白菜の発破で良く覆って包む。
7. 少なくとも3日間は常温で発酵させた後に食べる。
ビビンパは全羅道地方の全州で由来した食べ物だが、今はその味と香りが旅行客を魅了する食べ物になった。ビビンパは韓国の人気ある料理の中の一つで、機内食にも登場している。ビビンパは 多様な種類のナムル(山菜)とご飯、味付けした牛肉を入れてかき混ぜたものだが、石焼きビビンパはもてなし方において、普通のビビンパとは若干違う。大体の石焼きビビンパは石釜という鍋に盛られて出てくるが、この石釜はご飯、栗、豆、小豆などのような穀物を入れて炊いたご飯を盛る うつわの役割をする。
- 準備するのにかかる時間 : 1時間30分
- 作るのにかかる時間 : 1時間
- 容量: 3人前
- ご飯 : 生米 2カップ、もち米 1カップ、小豆 1カップ、豆 1カップ、銀杏 6粒、栗 2ケ、水 5カップ - 炒めた唐辛子みそ : 唐辛子みそ 2大さじ、醤油 1と1/2大さじ、みじん切りしたニンニク 1大さじ、みじん切りしたネギ 2大さじ、砂糖 1大さじ、ごま油 2大さじ、胡麻塩 1大さじ - 牛肉の味付け: 醤油 1大さじ、みじん切りしたネギ 1大さじ、みじん切りしたニンニク 1小さじ、 胡麻油 1小さじ、みじん切りした牛肉 100 g、もやし 150g、桔梗 100g、ニンジン 半個、椎茸 3枚、レタス 2葉、タマゴ 3個、胡麻油、塩
1. 豆と小豆を料理する24時間前に水にふやかしておく。
2. コメともち米を洗って料理する前の30分間 水にふやかしておく。
3. 栗は皮を剥いて半分に切る。
4. フライパンを弱火で温めて、銀杏をさっと炒める。そうしてから擦って皮を剥く。
5. もやしはさっと湯がいてから、引上げて冷ます。
6. 桔梗は塩で混ぜ合わす。その次に洗って水気をギュッと絞る。
7. ニンジンと椎茸、レタスは洗って細かく千切りする。
1. 料理する30分前にふやかしたコメともち米を引上げる。
2. 鍋にコメ、もち米、栗、小豆、豆、銀杏を入れて水を注ぐ。
3. 蓋を被せずに強火で加熱する。ご飯の水が溢れようとする時、火を弱くする。
4. ほとんど炊いたら(米粒が半透明になれば)、火を30秒間また強火にしてから、弱火で2分間蓋を開けて置いたまま炊く。
5. 火を消してから、蓋をかぶせた後5分間そのまま置いて置く。蓋を開けてしゃもじで軽く混ぜる。
6. フライパンを温めて薬味で混ぜ合わせた牛肉を中火で炒める。
7. 冷ましたもやしにごま油、塩、みじん切りしたニンニクで味付けする。
8. フライパンに油を入れて温め、桔梗を胡麻油、みじん切りしたニンニク、塩を入れて炒める。
9. ニンジンを塩、ごま油を入れて炒める。
10. 椎茸を塩とごま油を入れて炒める。
11. フライパンでタマゴを(半熟)炒める。
12. 用意した薬味と唐辛子みそをフライパンに入れて沸く時まで炒める。
13. 大きい皿にご飯を盛り、野菜、牛肉をのせてご飯と野菜の上に目玉焼きをのせて仕上げる。
炒め唐辛子みそと共にもてなす。
小金色の豆で作る味噌は韓国の薬味の中の一つで、韓国人はスープや鍋を炊く時、それだけでなく 肉を焼く時にも味噌を使う。しかし、最も独特に食べる方法があるならば、それは味噌鍋を麦ご飯に混ぜて食べる時のことであろう。(すでによだれが出るね!) このように味噌はおいしい食べ物だけでなく、殆どの韓国料理がそのように健康食品である。もちろん中国の豆叛醬、日本のミソは 韓国の味噌と似ているが、発酵の過程が省略されたものである。発酵を通って味噌は坑癌効果のような長所を持つようになり、これによって韓国に来た大勢の観光客は他のソースの代りに味噌を 買って帰る。
- 材料の準備時間 : 20分
- 純粋の料理時間 : 12~15分
- 容量 : 3人前
味噌 4大さじ、イワシのタレ 3カップ、牛肉 60g、かぼちゃ 1/3、玉ネギ 1/4、ネギ1/2、赤唐辛子と青唐辛子 1個ずつ、 椎茸 2個、豆腐 1/4、粉トウガラシ 1大さじ、みじん切りしたニンニク 1大さじ
1. 牛肉を薄く切ってネギ、赤唐辛子、青唐辛子、かぼちゃを 0.5cmの長さで切る。
2. 椎茸と玉ネギを0.5cmの幅で切る。
3. 豆腐を1*2cmでサイコロみたいに切る。
4. 味噌と牛肉をナベに入れて肉水を注ぐ。加熱する。
5. 沸きあがる時、きのこ、かぼちゃ、玉ネギ、唐辛子、豆腐の順に入れる。
6. ネギ、みじん切りしたニンニク、粉トウガラシをしとしと振り掛ける。
7. 火を消して麦ご飯ともてなす。